離婚相談を弁護士にする際の準備などについて

離婚相談を弁護士にする場合、事前の準備が肝になってきます。 たいていの場合は30分~1時間なので、その時間を最大に活かすには、入念な準備が不可欠です。 準備のポイントとしては、以下のような点が挙げられます。

離婚 財産分与・慰謝料などの額はどれくらいになりそうか」「親権は取れそうか」「配偶者名義の不動産はどうしたらよいか」などの疑問点に優先順位をつけ、書き出しておきましょう。 また、面談の際に用意しておくべき物を、事務員に確認しておきましょう。 特に指示がなければ、「戸籍謄本」「登記簿謄本」「資産および収入の明細」などを用意しておくとよいでしょう。

そして、弁護士との面談時のポイントは、まず「質問を簡潔に伝えること」。 時間を無駄にしないためには、あらかじめ質問を用意しておき、それを簡潔に伝えなければなりません。

面談の最初に、質問を箇条書きにした物を印刷して弁護士に渡すようにすれば、円滑に進めることができます。 次に、「頼りになりそうな弁護士の見分け方」。 頼りになりそうな弁護士を見分けるには、以下の点が挙げられます。 「分かりやすく説明してくれるか」「威圧的な態度でないか」「離婚を扱った経験が多いか」「料金の説明が明確か」。 そして、依頼するとなると何度も通うことになるので、通いやすい場所にあるかという点もポイントとなってきます。