知っておきたい就労ビザの知識

就労ビザといえば、日本で活躍する外国人にとっての必要不可欠なものといえるのではないでしょうか。そもそも、外国人が日本で就労する場合には就労ビザの取得が必要です。万一、就労ビザを取得することなく仕事に就くことになれば、罪に問われることにもなってしまいます。ビザを取得すると、在留カードをもらうことができます。在留カードは、常に携帯することが求められており、警察などからの要請があれば、提示しなければなりません。在留カードの携帯をうっかり忘れるだけでも罪に問われることになってしまうでしょう。

就労ビザは、原則として外国人一人につき、一種類のみしか与えられません。一人で複数の種類を持てないことも特徴です。例えば、外国人が会社員として働く目的で就労ビザを取得した場合、起業や独立開業をしようという際には新たにビザを取得する必要が生じます。就労ビザと一口にいっても、その種類は実に多岐にわたっています。報道や法律、医療など広範囲に及びます。また、就労ビザには有効期限があるということも念頭に置いておくべきといえるでしょう。

就労ビザの有効期限については、当時者本人が決めるのではなく、入国管理局が決めるということも覚えておくと良いでしょう。「留学目的で来日した外国人も仕事はできるの?」という疑問を持つ人もいるかもしれません。そのような外国人は「資格外活動許可」を取得することで、仕事をすることが可能となります。