メルカリの注意点

フリマサイトで人気のあるメルカリは、手数料が高いと言っても利用者が多いのが特徴です。
ヤフオクとは異なり、フリマサイトなので気軽に不用品を販売したり個人売買ができる環境なのも魅力的です。
ですが、トラブルや問題も実際に相次いで確認されている現状も隠し切れません。
メルカリで確認されているトラブルや問題をもとに注意点をまとめてみました。

1 値下げ交渉は丁寧に
フリマサイトなので値下げ交渉が付き物です。
規約でも禁止されていないので、購入したい物があれば値下げできる環境なのが現状です。
ですが、出品者によって値下げ行為を好まない人がいるので注意する必要があります。
確実に値下げして欲しい場合は挨拶を交わし、丁寧に値下げしてもらうよう交渉することが重要です。
また、値下げ交渉している間に他の人に購入されるといったことがあります。
商品が購入された以上、出品者は一方的にキャンセルすることが認められていないので注意しなければなりません。

2 出品する商品の情報は明確に
出品する商品の情報は詳しく提示しておく必要があります。
「商品ページに傷があるとは書かれていない」「画像ではパーツが付属していたのに本体しか届かなかった」等といった返品トラブルが頻繁に確認されているので、商品について確認できている情報は極力提示するよう心掛ける必要があります。

3 商品ページを必ず読む
「届いたら欠けているところがあった」「傷が付いていた」等と商品ページで注意点が事前に記載されているのに、返品を要求して出品者とトラブルになってしまう事例が確認されています。
商品ページに注意点が記載されている場合は、最後まで読んでから購入するよう心掛ける必要があります。
そして、気になることがあればコメントで質問するのも大事です。

4 発送が遅れるなら事前に伝える
本業や用事で発送が遅れてしまうことがあるかと思います。
その際は購入者に理由を伝えて謝罪することを心掛ける必要があります。
「一向に届かない」「1週間経っても発送されない」というのは異常なので、取引キャンセルされても文句は言えません。
また、納期や約束が守れないということは信頼を損なわせることに繋がり、口コミで悪い噂が立ってしまう可能性があるので注意しなければなりません。